物件を探す際の注意点「駅の近くがいい」「築浅物件がいい」「南向きがいい」「都心に住みたい」「広い部屋がいい」などお部屋探しの際に挙がる要望は数多くあります。料金に限界をつくらなければ用件を満たすことは可能かも知れませんが、やはり支払える家賃には限界があるものです。基本的な条件に優先順位をつける事が、お部屋探しのコツと言えます。


1.予算設定
・毎月の家賃上限
毎月の収入の25~30%以内に抑えるようにしましょう。 

・初期費用 
通常家賃の6ヶ月分程度を必要としますが、初期費用を用意できないのであれば、敷金・礼金の安い物件もありますのでそのようなお部屋を探しましょう。 

2.エリア
・通勤・通学時間
勤務先の会社や学校など良く通う駅を中心に、どのくらいの時間まで通勤時間をかけることができるのかを考えます。勤務先などは中心地にある場合が多いので、当然通勤時間を短縮しようとすればするほど、家賃は高くなるのが普通です。 

3.構造・築年数
・建物の構造
建物には木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造など構造は多数存在します。
普通は分かりやすくアパート・マンションと区分しています。当然、マンションタイプなどの丈夫な構造になればなるほど、家賃は高くなる傾向になります。 

・築年数
新築の物件は人気が集まり、家賃も高くなります。古い建物ほど家賃は安くなる傾向にあります。 

4.設備
・セキュリティ
セキュリティの面で代表的なものはオートロックです。その他インターホン、監視カメラや管理人常駐など様々なセキュリティサービスが存在します。

・宅配ボックス
留守中に届いたお荷物を預かるボックスです。

・ロフト 
デッドスペースを活用した中2階のことです。 

・コンロ
電気コンロ、ガスコンロがあります。

・浴室乾燥
お風呂に乾燥機や暖房などの機能が付いており、洗濯物の乾燥などにも活用でき便利です。 

・床暖房
全体を床から温める事で通常の暖房よりも温かく感じることが出来ます。 

・その他
他にもシステムキッチンやインターネット、BS/CS、有線放送などの設備があります。